河合塾
HOME
河合塾美術研究所 名古屋校 授業風景
河合塾美術研究所 名古屋校へ

河合塾美術研究所 名古屋校 授業風景

夏期講習も終わり、東京芸大実技模試も終わり、センター出願も終わりました。

この時期に、一度気持ちをリフレッシュするのが大切!!
ということで日本画本科でディキャンプに来ております。

nihonni2.jpg



〜本日のメニュー〜

nihonni3.jpg
A班
ホイル焼きいろいろ

nihonni4.jpg
B班
インドカレーとタンドリーチキン

nihonni5.jpg
C班
ロコモコ丼

nihonni1.jpg
講師班
アヒージョやスープや肉



スケッチを少し紹介。

nihoho1.jpg
1枚目
煙突のある風景が常滑の特徴です。

nihoho2.jpg
2枚目
坂が多くて、見下ろせる場所がたくさん

nihoho3.jpg
3枚目
色の着いた紙に描いている生徒もいました

nihoho4.jpg
4枚目
講師の植田先生のスケッチ

nihoho5.jpg
5枚目
講師の稲垣のスケッチです

おつかれさま!
.....イベント続きます(笑)
明日はディキャンプ。



いつもブログ書いてて思うのは、平気で地名を使ってますけど.....
「常滑」と言っても他の地域の人には分からないんですよね。

日本画のスケッチではよーくお世話になる常滑「とこなめ」は、焼き物の町です。

めっちゃいい町です。

nihohonon1.jpg

古い民家あり、オシャレなカフェあり、焼き物をつくっていた窯(かま)や煙突あり。近くに海と港もあり。
たくさんの生徒が、いろんなものを探す授業には最高のロケーション。

nihohonon2.jpg




KJ  Blogをご覧のみなさま、こんにちは。

美術総合・京都芸大専攻です。

先日行なわれた塾生作品展の、生徒たちの制作している様子をご紹介します。

 

専攻のテーマは「感染」。

このテーマも生徒が自分たちで決めました。

 

夏休みの間、生徒たちにはただやりたいことを考える前に、テーマの「感染」について、言葉を調べることから始まり、連想する言葉や自分なりのイメージなどを文章や絵など、自由に用紙にまとめてもらいました。同じ形式で、普段から継続的にやっている作家、技法研究もいつもより掘り下げてもらいました。

 

kyokyo1.jpg


テーマ自体は共通ですがこういう事前の準備が自分なりの「感染」、作品づくりにつながったのではないでしょうか。

 

9月初めから授業時間やアトリエ開放の時間を利用して、完成に向けて各々の表現や想いをこめて、試行錯誤しながら制作をしてきました。普段の授業ではなかなかできない、人に自分の作品を観てもらうということを含めて「展示」について考えられたことはよい経験になったと思います。

 

kyokyo2.jpg kyokyo3.jpg


 

努力の成果もあり、今年も力作ばかりでした。

生徒たちが手を掛けてきた努力も見え完成度の高い作品も多かったです。

なにより、観ている人に楽しんでもらうことができたのではないでしょうか。

kyokyo4.jpg

kyokyo5.jpg

kyokyo6.jpg


kyokyo7.jpg

kyokyo8.jpg


kyokyo9.jpg


kyokyo10.jpg

 

今回はいわゆる受験課題ではありませんでしたが、この経験も受験に、さらにその先へも必ず生きてくるはずです。

美術総合・京都芸大専攻はこれからも受験対策と同時に美術表現の楽しさ、難しさを学んでいきます

京都芸大の受験を考えている方、まだ受験する専攻を迷っている方はお気軽にお問い合わせください。




日本画大賞

講師の稲垣です。
塾生作品展も終わり、日本画大賞が決まりました。

5月から動物園で取材を始め、コツコツ進めてきた日本画制作も終わりです。

nihononga1.jpg


今年の日本画大賞は、名古屋校全体の大賞もゲット。

頑張りましたね。屏風のかたちにしたいと試行錯誤していた作者の様子をずっと見ていたので、自分のことのように嬉しいです。

屏風について〜
屏風には呼び名があります。
この作品の場合は、6枚1セットなので六曲、それが2セットある場合は一双と言いますが、今回は1セットなので一隻。
なので「六曲一隻」ですね。

ちなみに、屏風には時間の流れ方にも決まりがあったりします。
右から左に向かって時間が流れます。これを知っていると、屏風を見るときに物語が進行してることがわかります。
プチ知識でした。



塾生作品展2018

こんにちは!
9月15日(土)~17日(月祝)に行った塾生作品展、
盛況のうち無事終了いたしました。
たくさんのご来場、ご投票ありがとうございました!
jukusakutenji1.jpg

jyukusakutenji3.jpg

受賞作品の展示を南館一階アートスペースNAFとB棟一階ウィンドウにて行います。

展覧会は2回に分けて展示します。
どちらも是非ご高覧ください!

第一回 9月21日(金)~28日(金)
第二回 10月2日(火)~9日(火)
アートスペースNAFの開館時間は10:00~18:00(会期中無休)
B棟1階ウィンドウスペースはいつでもご覧いただけます。

また、第一回の展示はプレオープンとして本日9月19日(水)よりご覧いただけます!

IMG_2584.JPG

IMG_2589.JPG

IMG_2579.JPG


日本画講師とチューターによる展示があります。

搬入終わりました!

普段受験指導をしている講師たちも、自分の制作スタイルはさまざまですね。

日本画の幅を感じてもらえればと思います。

nihongatenji1.jpg

nihongatenji2.jpg


【日時】2018年9月11日(火)-17日(月)
10:00-18:00(※最終日17日は16:00まで)
【会場】アートスペースNAF

是非、ご高覧ください。
二学期から始まった日本画制作も今日で終了になりました。この作品は9/15-17に塾生作品展で展示をします。どんな作品がそろうのか楽しみです。
nihoho1.jpeg

nihoho2.jpeg

↑日本画制作風景。

nihoho3.jpeg

nihoho4.jpeg

↑大きめの作品の子は床を使っています。

この環境は非常に大学に近いです。
河合塾美術研究所名古屋校日本画専攻では、全国の美術予備校では唯一、日本画の絵の具を触る授業を取り入れていると思われます。
日本画科はどこの大学でも、日本画の画材を使用しない受験方式をとっていますので、大学に入るまで美術科の高校出身でないかぎり日本画を触る機会はほぼありません。
やはり体験してみた感触ほど確かなものはないので、河合塾ではこの授業を大切にしています。
是非、塾生作品展で生徒の頑張りをご覧ください。




日本画講師展

こんにちは。
各地において台風や地震と心配な出来事が多く心を痛める日が続きます。

先般の震災により被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げますとともに
一日も早い復興をお祈り申し上げます。



さて、展示のご案内を申し上げます。
河合塾美術研究所では南館1階アートスペースNAFにおいて日本画講師展を開催致します。

【日時】2018年9月11日(火)-17日(月)
10:00-18:00(※最終日17日は16:00まで)
【会場】アートスペースNAF

koushiten1.jpg


河合塾美術研究所の日本画出身講師・チューターによる展覧会です。
ぜひご高覧ください。


社会人教室におきまして水性木版画ゼミを行います。


mokuhan.jpg


ご興味のある方はぜひご受講ください!


ウェブページ

 河合塾美術研究所 名古屋校案内へ