河合塾
HOME
河合塾美術研究所 新宿校 授業風景
河合塾美術研究所 新宿校へ

河合塾美術研究所 新宿校 授業風景

2016年7月アーカイブ

 こんにちは!基礎専攻です。

 7月24日、高1・2生を対象にデッサンコンクールが開催されました!

 一日の様子を写真と一緒にお伝えします。

 

2016072401.jpg 

  

 モチーフは「ブルータス」。朝の日差しがアトリエに入ってきれいでした。

 座席の抽選をして、一斉に制作を始めます。ふだん講師からの指摘や講評で言われる事を思い出して、冷静に!

 

2016072402.jpg 

 

 本番の試験では自分一人での制作です。どんな風に描きたいのか、何をしないといけないのか、自力で考えないといけません。

 かく言う私は描くのに熱中して、構図の確認を忘れることがよくありました...(笑)。

 

2016072403.jpg 

 

 制作終了後は現在、東京芸大生でもある学生講師陣による約1時間半の描き出しデモンストレーションがありました。

 あっというまに画面にブルータスが出来ていきます。

 石膏デッサンは描き出しの時間がとても大切です。描いては立って確認の繰り返しになります。

 

16072604.jpg 

 

 

2016072404.JPG

 作品採点が終わり、講評会場には新宿校、名古屋校からの参加作品が並びます。自分の作品を見つけると緊張しますね。

2016072405.JPG 

 

 本日の参加者のうち、上位三名に優秀賞が贈られました。おめでとうございます!

  

 結果に満足した人も、そうでなかった人も、このコンクールで夏の課題を見つけられれば嬉しいです。

夏休みはたくさん課題に取り組める貴重な時期です。目標を持って取り組めば、一気に実力が上がります。

 

 また、参加した方には作品へのアドバイスが書かれた成績カルテが送られます。コンクールで見聞きした事や気づいた事と合わせて、制作を振り返ってみてください。

描いて終わりではなく、今後に経験をしっかり生かしましょう!

 

 

河合塾美術研究所  新宿校

 

2016年度夏期講習→http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/short/

日本画 一学期の総決算に向けて

  

公開模試も終わり、一学期もいよいよ大詰め。学生は夏前の総決算となる科内コンクール前の、最後の課題に取り組みました。

 

今回の出題は、桔梗と枇杷の着彩です。

葉も多く複雑な花ですが、よく観察して描いています。

 

image1.JPG

 

 

桔梗は、日本画では同じく秋の七草である女郎花、萩などと一緒に描かれることが多いのですが早くは六月頃から開花期です。

風に揺れ野趣のある風情を讃える花であることから、多く日本画の作例に佳品が見られます。筆者は小林古径の作品が浮かびます。

 

小林古径記念美術館

http://www.city.joetsu.niigata.jp/site/kokei/shikihana.html

 

先達が何を考え描いたかに思いを巡らせるのも、観察から描くことも受験だけに留まらない実力になることだと思います。

 

image3.JPG

 

 

「萩の花 尾花葛花 なでしこの花 をみなへし また藤袴 朝貌の花」

万葉集 山上憶良の詠んだ歌ですが、平安期の「朝貌」は桔梗のことを指していると言われます。この時代から愛された故に、園芸品種が早くから生まれます。交配による多様な種が作られ、緑色の八重咲きや濃い黄色のものもあったようですが残念ながら明治期に途絶えてしまい見ることはできません。

こうして日本の原風景の中に息づいて来た花ではあるものの、自生する桔梗は絶滅危惧種に指定されてしまうほど減っています。

 

そんなふうに儚く終わっていく野の草のような、侘びて揺らぐ桔梗をよく捉えた作品もありました。

 

image4.JPG

 

 

すこし意地悪で難しい課題でしたが、各々が真剣に自分の絵を見つめています。この学期を通して、それぞれが自分の絵に足りていないことや新しい視座を見つけることができたのではないでしょうか。

 

image5.JPG

 

居残りして特訓も、頑張ってます!

 

 

夏らしい気温と湿度になってきました。

夏期講習、いままでよりもっと多くのことを見つけられると思います。

 

夏期講習のご案内はこちら

http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/short/

 

 河合塾美術研究所 新宿校案内へ

このアーカイブについて

このページには、2016年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年6月です。

次のアーカイブは2016年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。