河合塾
HOME
河合塾美術研究所 新宿校 授業風景
河合塾美術研究所 新宿校へ

河合塾美術研究所 新宿校 授業風景

クロフェス!

 

こんにちは!

みなさん、毎日暑いですね。

 

今日は夏期講習で行った全科合同『クロッキー・フェスティバル』略して『クロフェス』という授業について紹介させていただきます!

 

クロフェスって何?!と、思った方もいると思いますので説明させていただいますと、課題内容は簡単にいってしまえばムービングクロッキーです。(クロッキー=: croquis)とは速写(速写画)とも言い、対象を素早く描画すること、またはそうして描かれた絵そのものを指す。主に動物や人体など動きのあるものを素早く捉える訓練として行われる。またタブロー(完成作品)へ昇華させるための習作として行われる場合もある。(wikipedia

ムービングクロッキーとはモデルの方に常に動いていただいた状態で行うクロッキーのこと。)

その日に来ていただいたモデルさん二人は現役芸大生。

身体表現やパフォーマンスなどの活動をしている方で、このお二人にダンスパフォーマンスをしていただきながらそれらをクロッキーする、というものです。

 

全部で5ポーズと少ないながらも内容の濃いものになりました。

 

18082001.jpg


18082002.jpg


18082003.jpg

 

  ポーズめ、準備体操的な動き

  ポーズめ、ゆっくりなBGMとともに

  ポーズめ、激しい動き

  ポーズめ、種類の異なる椅子を用いて

  ポーズめ、フレーム、フラフープ、ロープ等を用いて

 

ポーズ中にモデルさんがとんだりはねたりするのに生徒はビックリ。(笑)

最初は動いているものを捉えるのにかなり戸惑っていたようですが、最後にはなんとか形になっていきました。

 

18082004.jpg

 

18082005.jpg

 

 

こちらは講評風景です。

 

ムービングクロッキーは常に描く被写体が動いているので、「どうなっているのか?」ということを理解して観ないと描くことが出来ません。

実はこの『理解して観る』という行為は、動いていないモチーフを描く時にも重要な物の『観方』なのです。

 

今回のクロフェスを通して理解して観ることの大切さを体験してもらえたかな、と思いました。

 

夏も残り少なくなってきましたが、こうやって『観る』という力を伸ばしていただきたいと思います!

河合塾の生徒のみなさん、頑張りましょう!

 

 

 

夏期講習の最後、7ターム(8月25日〜30日)にも、人物クロッキーの講座があります。こちらはムービングクロッキーではありませんが、クロッキーに特化したタームになっており、二日ごとに受講することができます。

是非ご参加ください!

http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/short/

 

 

 河合塾美術研究所 新宿校案内へ

このブログ記事について

このページは、新宿校が2018年8月21日 13:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「都立総合芸術高校合格のための特別ゼミ」です。

次のブログ記事は「KJチャンピオンシップの伝説 ーレジェンドたちのメッセージー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。