河合塾
HOME
河合塾美術研究所 新宿校 授業風景
河合塾美術研究所 新宿校へ

河合塾美術研究所 新宿校 授業風景

日本画 本科 講師のこだわりモチーフ


こんにちは!日本画専攻講師です!

 

 

先日2学期の授業が終わりました。だんだんと肌寒くなって、いよいよ冬が来る!という感じがしますね。

 

今回は2学期最後のコンクール前に行った『着彩の自己ベストを目指す!』という課題を紹介します!

この課題は生徒がモチーフにしっかりこだわりを持って描きあげてほしい!と言う思いから、6名の社会人講師がそれぞれ6つのテーマに合わせこだわりのモチーフを出題しました。

 

 

18121101.jpg

18121102.jpg

18121103.jpg

18121104.jpg

18121105.jpg

 

テーマは『モノトーン』『オリエンタル』『洋』『アンティーク』を一種類ずつと『和』の二種類です。

生徒が「描きたい!」と思うモチーフをそれぞれ選び、制作しています。

 

 

18121106.jpg

 

 モチーフの中には、数が少なく普段の授業ではなかなか出題できない物や、講師自ら持参し用意した物もあります。

 

「これは描いてみたい!」「頑張りたい!」「綺麗!」「可愛い!」などいろんなことを感じて絵にしてもらいたかったので、かなり盛りだくさんに出題しました。

 

18121107.jpg

18121108.jpg

 

 

今回はいつになくモチーフに真剣に向き合い、良い雰囲気で制作できている様に感じました。

みんな、頑張っていますね・・!

 

 

 

 生徒作品を一部紹介します!

 

18121109.jpg

Mさんの作品。モチーフ一つ一つしっかり描きあげることができています。少し見づらい部分もありますが、力強い作品に仕上がりました。

 

 

18121110.jpg

Sさんの作品。水差しの形の歪みなどまだ不安定な部分がありますが、自然でありながら花周りの美しい色彩を感じる作品です。

 

18121111.jpg

Kさんの作品。カラスウリの枝の抑揚のある形など、モチーフの特徴を捉えながらも良い形をうまく表現できています。

 

18121112.jpg

K君の作品。まだ荒っぽさはありますが、メリハリの良い明暗関係と作者の視点を感じる作品になりました。

 

 

 

 その他にも自己ベスト作品が沢山出揃い、頑張って出題した講師としては少しホッとしました(笑)

描きれた!と感じた生徒も沢山いたのではないでしょうか。

この調子で冬期講習も頑張ってもらいたいと思います。

 

みなさん2学期お疲れ様でした〜!

 

 

冬期講習の申込はこちらから↓

http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/short/

 

※12月16日に1日だけの公開授業も実施いたします!

(冬の公開授業表ページ画像データ)

この公開授業では現役芸大生によるデモンストレーションも行います。

是非この機会に河合塾の授業を体験してみてください!

申込はこちらから ↓

http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/news/event_detail.html#002

 

 


 河合塾美術研究所 新宿校案内へ

このブログ記事について

このページは、新宿校が2018年12月13日 15:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京芸大実技模試(着彩) 日本画専攻」です。

次のブログ記事は「【1/19(土)】都立総合芸術高校推薦実技直前ゼミ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。