河合塾
HOME
河合塾美術研究所 新宿校 授業風景
河合塾美術研究所 新宿校へ

河合塾美術研究所 新宿校 授業風景

先端芸術表現専攻の最近のブログ記事

みなさま、ごきげんうるわしゅう。

 

カワイセンタン、文字だけブログpart2、前回の予告通り、今回も文字だけでお届けいたします。

 

今回のメインテーマは「東京芸大の入試説明会について思うこと」。

 

 

けれどその前に、河合塾美術研究所先端芸術表現専攻からのお知らせをひとつ。

 

!!!「本科」と「専科」の無料体験入塾があります!!

 

・本科の体験授業について

 

日程:6月3日(日)〜6月5日(火)

時間:6月3日は9:30〜18:00、その他の日は9:30〜16:30

内容:「作品構想演習」(ようするに「個人資料ファイル」のための作品制作ね)

 

専科の体験授業について

 

日程:6月3日(日)

時間:9:30〜18:00

内容:「作品制作演習」(短時間集中の作品制作体験ね)

 

どちらの授業体験も、「全部の時間帯に出るのむり!」の場合は融通がききますのでご相談ください。

 

この「無料入塾体験」、短い時間でいったいなにができるの? そうお考えになる人もいらっしゃるでしょうね。

 

そういう方には、フィッツジェラルドという小説家の短編「失われた3時間」をおすすめします(村上春樹訳ね)。

 

飛行機の乗り換えの3時間、ふと立ち寄った思い出の町、恋の記憶、その人との思わぬ再会、そして・・・わずか3時間でなにが起こったか。(という話だったと思うのですが、まちがっていたらごめんなさい。ぜひ作品をお読みになって。)

 

つまりは3時間あれば人生は大きく変わるということです。

 

9時間あれば、3日間もあれば、なにかが変わる、あなたが望めば。

 

以上、河合塾美術研究所先端芸術表現専攻、初夏の「無料入塾体験」のお知らせでした!

 

 

さてメインテーマ。

 

来月6月24日(日)に開催される東京芸術大学・美術学部入試説明会について思うこと。  詳しくは東京芸大の入試情報サイトをチェック!

 

毎年、入試説明会に行くと、拍子抜けするんですよね。「そんなの知ってるよ!」という情報ばかりで、聞きたいことを教えてくださらない。

 

たとえば「センター試験の得点率」。何割取れば有利なの?

学校側の回答は「合否の参考にします」ということのみで、何割とれば有利になるとかは、口が裂けてもおっしゃらない。

 

また「個人資料ファイルのページ規定」。答えはいつも「20ページ以内です。守ってください。」 えっ? えーっ!!

 

 

そして、参考作品として紹介される「デッサン」や「総合実技」の作品。(小論文や個人資料ファイルは、去年は、絵画棟1階のアートスペースに展示されてましたね。)なるほど、そういう作品を評価するのね、と思いつつ、受かっているのはその系統だけではないよな、という印象。

 

なにが言いたいかというとですね、入試説明会で示される内容と、実際の受験生たちがしていて合格していることが、決してイコールではない、という印象なんです。

 

大学側の公式見解ですから、あまり下手なことは言えないのはわかっています。とはいっても、「公式見解なのだから、それが正しい、それ以外はだめ」と思い込んでしまう人もいるかもしれないなあと、ちょっと心配してしまうのですね。

 

 

みなさん、試験であっても、どきどき、わくわくして臨みたいですよね。

大学の先生たちも、どんな新しい才能と出会えるか、どきどき、わくわく、楽しみにしているんじゃないかと(勝手に)思ってます。

 

現代アートは、いろいろな決まりごとに立ち向かって、表現のあり方を変えようとしてきたという歴史があります。

 

カワイセンタンは、試験でも、その心意気を大事にしたい

 

試験に自分を合わせようと気にしすぎて萎縮しないでほしい。

試験で課せられているものを通して、自分の表現を解放してほしい。

 

今回も文字だけで長々とごめんなさい。

最後までお読みいただいた方、ありがとう。

 

試験は、たかが試験だけれど、人生の大事な分岐点になることもあります。

だからこそ、思いっきりやりたいですね。

 

カワイセンタン文字だけブログ、またいつかお会いしましょう。

 

カワイセンタン 文字だけブログ

河合塾美術研究所・先端芸術表現専攻、カワイセンタンです。

 

東京藝術大学・先端芸術表現科の合格者数・全国1位に、この6年間で5回(201316年、2018年)なった予備校はここ、カワイセンタンです。

 

昼間部コース(本科)が設置されている予備校はここだけ、カワイセンタンです。

 

現役生も浪人生も両方受かって全国1位、カワイセンタンです。

 

あえて少人数制にしているつもりはありませんが、結果的に少人数、しかも今年度はいまのところ平日夜間コース(専科)の受講生ゼロ! カワイセンタンです。(専科のお申し込み、お待ちしてます。がんばりますよ!)

 

気になった方はこちらをどうぞ http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/course/ntr/

 

毎年それだけ合格者数を出しているのだから、合格するための㊙テクニックを知っているでしょ、ですって? そんなものがあればこっちが聞きたいわ! カワイセンタンです。

 

カワイセンタン、なにをするんですか? それは来たみなさんがしたいことをする!

 

カワイセンタン、どんな授業内容ですか? それは来たみなさんが作り上げる!

 

「いったいなにがしたいのだ?」人生の大事な岐路で、強く心に問いただしたい、カワイセンタンです。

 

楽しいけれどお遊びではない、苦しいけれど義務ではない、自由と信念がモットーのカワイセンタンです。

 

どうして文字だけのブログなのか、それは想像すること、考えることを大切にしたいから、というのは本当か? カワイセンタンです。

 

次から画像が入るかもしれません。カワイセンタン 文字だけブログ でした。

河合塾の先端コース、ここはもちろん東京芸術大学の先端芸術表現科を目指すところです。現在?名の学生が、先端科合格を目指して日々制作に励んでいます。(何人かは秘密ですが、両手両足の指で数えられます、きっと。)

 

二学期が始まりました。

といっても、何も特別なことはしていません。

年間通して、デッサンまたは小論文、そして作品制作。

その繰り返しです。

 

ところで先端科ってどういうところなのでしょう?

はっきり言ってよくわかりません。

 

けれどわかることもいくつか。

 

例えば、「なにを使ってもいい、なにを表現してもいい。」というマニフェスト。

本当なのでしょうか?

 

部分的には本当です。

 

「なにを使ってもいい、なにを表現してもいい」、ただし「アートを理解していれば」。

 

けっこう多くの先端科志望者の方が、そもそもアートを理解せず、理解しようともせず、挙句の果てには「アートそんなに好きじゃないんですけど」と言いつつ、「自由に表現していいんでしょ?」と主張します。

 

普通に考えたら「なに言ってやがんでえ」ですよね。まあ、そういう人に限って、「自由に表現していいよ」というと、「どうすればいいんですか?」と訊いてきます。

 

「自由にやりたいなら、勝手に自由にやってやがれ。」

 

不毛ですね。

アートへの愛がないのに「表現させろ」というのは、どうかと思います。

 

ところで、河合塾の先端コースはどうかというと・・・

今回は学生のみなさんがどのようなものを作っているのか、ほんの一部をご紹介。

 

01.jpg

展示の風景ですが、ちょっと殺風景ですね。

 

じゃあ、これでどうだ。 

02.jpg 

これ何ですかね?

制作者にとっても、どうやら謎のようです。

それでいいのか?

 

自分でも理解できないものを考えに考えて作る。

素敵ですね。未来を感じます。(どんな未来かは分かりませんが。)

 

03.jpg 

「現代アートを遊ぶ」だそうです。

おお!と、その意気込みを評価したいのですが、本当に遊べるのでしょうか。

 

04.jpg 

これは、風が吹くとアクリルの板がパタパタ波のように揺れます。

波にしては柔らかさがない。

いいのか?

 

考える余地がありそうです。

 

05.jpg 

透明な肉をまとった魚の骨が、水に、浮かんでいる?沈んでいる?

「魚の骨」というよりは「骨と化した魚」ですね。

生と死の境界を泳ぐ?

明らかに死んでいますが、泳ぐのは想像力の海?

 

このように、作品は人それぞれです。

人ごとに色々な表現があって、まあ、楽しいです。

実際は、楽しいどころではなく、難しいことが多いのですが。

表現手段も、表現内容もバラバラ。基準は「アート」であることだけ。

 

難しいです。そこで「アート」を見失ってしまったら、完全に路頭に迷いますね。

最後に、作品(の一部)がお見送り。

06.jpg

あきらめずに作り続けるだけ!

ごちゃごちゃ言わず(言ってもいいのですが、口先で終わらず)、見て、考え、作ろう!

 

河合の先端コースは、年間通じてこのような具合です。

 

学生のみなさんが、悩みながらも、楽しそうなのがいいですね。

本当に自分が何をしたいのか?

考えながら、試行錯誤してほしいです。

 

試験まで時間があるような、ないような、いや、まだ十分あります。

がんばりましょう。

 

 

 河合塾美術研究所 新宿校案内へ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち先端芸術表現専攻カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはTOUKYOUGEIDAIです。

次のカテゴリは入試直前です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。