河合塾
HOME
河合塾美術研究所 新宿校 授業風景
河合塾美術研究所 新宿校へ

河合塾美術研究所 新宿校 授業風景

基礎専攻の最近のブログ記事

高1・2 デッサンコンクール 2018冬

こんにちは、基礎専攻です。

120日(日)に、「高1・2デッサンコンクール」(新宿校・名古屋校合同)を行いました。会場は今年も大盛況で、熱気のある1日になりました!

 

今日はひたすら五時間半の制作です、頑張れ!

今年の出題は「ブルータス」。胸像の中では大きめの像なので、大きな陰影を把握して量感を出すことが大事です。

正面からだとレリーフのようになりやすいのも要注意。

 

19012101.JPG

 

実際の試験と同様、場所はくじ引きで決めます。普段はあまり描かない二列目が当たることも。

 

19012102.JPG

 

制作時間終了です。お疲れ様でした!

今年は現役芸大生の講師2名によるデモストが行われました。

描き進め方はもちろん、使っている道具や画面を離れて見る回数なども、気にしてみて欲しいポイントです。

 

そしてデモストの間、下の部屋では採点が...

 

19012103.JPG

 

一時間のデモスト見学の後、最後に作品の前で総評を行いました。

これだけの枚数が一気に見られるのは貴重な機会!

たくさんの作品の中で、自分の作品はどんな風に見えるのか?

冷静に、客観的な視点を持って制作することはとても大事です。

 

19012104.JPG

 

 

今回の上位作品はこちら。レベルの高い作品が出揃いました!

ブルータスの形が自然に取れているのはもちろん、かっこよさ、きれいさ、作者の個性が出ていると思います。

 

19012105.jpg

 

 

自分だけの視点や強みを大切にする事と、隙のない石膏デッサンを目指すこと。相反するようですが、二つを両立させて、自分の表現に繋げていってほしいです。

 

講評会は一週間後の126日(土)!

より詳細な講評で皆さんの疑問に答えます。

成績上位者には嬉しいこともあるかも?

次回の更新を乞うご期待です!

 

 

都立総合芸術高校の推薦入試(推薦に基づく選抜)での合格に近づく為に、実技力アップを目指す方の為の特別ゼミです。入試での特性を熟知した講師陣が、デッサンで重要なポイントを細やかに指導いたします。


 実施日時  2019年1月19日(土) 9301630

当日のスケジュール 

        9:30~12:00 課題①制作

       12:00~12:30 講評

       13:30~16:00 課題②制作

       16:00~16:30 講評

 持参物   鉛筆デッサン用具一式/木炭紙大カルトン/B3画用紙

           ※いずれも校舎の画材店で購入可能です。

 会 場   河合塾美術研究所新宿校(教室は当日お伝えします)

           東京都新宿区西新宿7-14-5

           TEL:0120-327-414

 受験料  一般生 5,000円 /2018年度塾生 3,500円

 申込方法  

パソコンまたはスマートフォンからのインターネットでの申込

【お申し込みはこちらから】

      

②窓口申込(受験料をお釣りのないようご持参頂き、美術研究所窓口でお申し込み、お支払いください。)

   [受付時間 月~土:10:0017:00  日、祝:10:0017:00]


 お申し込みにあたっての注意事項 

・受付期間以外の受付はできませんのでご了承ください。【受付期間】12月23日(日・祝)~1 月14日(月・祝)

・講座内容、お申込み方法でご不明な点は、河合塾美術研究所(新宿)までお問い合わせください。(0120-327-414

・いったんお支払いただいた受験料の返金はできませんのでご了承ください。

・お申込みいただく際に、河合塾グループの「個人情報の保護に関する事項」について同意が必要です。

※河合塾グループは、ご記入いただいた個人情報を厳重に取り扱い、適正な個人情報の管理を実施します。

・インターネット申込には、ご本人の情報登録が必要となります。お申し込み後、受験までに必要な情報はご登録いただいたメールアドレスにメールにてご連絡させていただきます。

こんにちは、基礎科です!

「美術の秋」「行楽の秋」という事で、毎年恒例の課外授業がやってきました。今回は校舎からほど近いと「新宿御苑」にスケッチをしに出かけてきました。



本日は晴天、天候に恵まれてスケッチするには丁度良い気温です

新宿御苑の歴史は古く、なんと明治時代から開園していたそうです。

18111602.JPG

この時期に桜!? 十月桜と言うそうです。

 

新宿御苑の敷地内では、希少な植物も状態が良い状態で生息しています。

園内はとても広く、温室や池、建造物など、見どころが豊富です。

18111603.JPG

この日はちょうど、「菊花壇展」が開催されていました。園内の数カ所に菊の花が展示されています。

18111604.JPG

見応え十分ですが、さすがにこれをスケッチで描くのは難しそうですね、、、

18111605.JPG

とにかく、敷地が広大なので、被写体を見つけるのが 、大変でした

18111606.JPG

 

18111607.JPG

制作時間は短かったのですが、みんな自分の思い思いの場所をきちんとスケッチ出来ています。

18111608.JPG

作品の講評中、今回描いた作品の中から1点ずつ選んで、先生に講評をしてもらっています。

18111609.JPG

新宿御苑の門にて集合写真を撮影!

高校生、中学生の皆さんお疲れ様でした。

 

学校での定期考査が終了したら、もうすぐ冬休みです。

 

 冬休みには、是非、河合塾美術研究所新宿校の冬期講習を友達と誘い合って、受講しましょう。

  

お申込はこちらか「冬期講習」

都立総合芸術高校夏期特別ゼミPART2!

毎日暑いですね!

基礎中学 高校受験コースです。

 

またやってきました、都立総合芸術高校夏期特別ゼミ PART2!!

 

前回は、講師のデモンストレーションを交えながら、構図やモチーフの組み方についてレクチャーしました。

今回はその実践形式でのコンクールです!

 

20180831-1.JPG

 

しかも......学科付き!(ひー)

 

都立総合芸術高校の一般入試ですが、学科(国数英)+実技(デッサン)の総合得点で合否が決められます。

 

学科600点・調査書400点・実技700点の合計1700点満点です。

こうしてみると、入試では実技の比重は確かに多いですが、学科もしっかり関わってくる事が分かりますね。

 

というわけでみなさん!

実技ももちろんですが、勉強がんばりましょう!

 

20180831-2.JPG

 

さて、今回の特別ゼミは学科からのスタートです。

テストは国語と英語の2科目の小テストを行いました。内容としては夏までのおさらい、基本的な問題を出題しています。

みなさんテストはどれくらい出来たのでしょうか......

 

学科が終わるとそのまま実技の課題へ

 

20180831-3.JPG

 

入試本番と同じように課題文が配られ、諸注意も読み上げられます。

テストは慣れているけれど、「実技のテストは初めて」という人もいたので、みなさんちょっと緊張した面持ちです......

mochi-fu.JPG

 

今回のモチーフは、箱ティッシュ・卵・針金・青色のガムテープ・グレーの紙 の5つです。

一見簡単そうですが、これ、だいぶ難しい課題になっています......

形はしっかり取れるかな、色はのせられるかな、質感もしっかり出せるかな......

この課題はなかなか苦戦したんじゃないでしょうか。

 

20180831-4.JPG

 

お昼をはさんで午後も制作→そして講評です!

 

20180831-5.JPG


20180831-6.JPG

 

今回の実技コンクールでは、完成した作品を会場に一斉に並べ、河合塾の講師陣が入試の評価基準に照らし合わせて採点しています。

 

講評では採点評価が付き受講者全員の作品が見れていたので、自分の今の実技レベルと、全体の実技の状況を知る上では参考になったのではないでしょうか。

 

全体の話と上位2名の講評をした後、2つに分かれて1人ずつ講評していきました。

講評される事によって、自分の絵の良い所や課題がより具体的に見えてきたのではないでしょうか?

 

作品の講評後はテストの返却もしました。

テストの方は何点取れたのでしょうか......

今回、テストの点が良かった人も、良くなかった人も、やりっぱなしにはせず、今回のテスト内容を踏まえて今後の学習に役立ててほしいです。

 

これから2学期! そして冬期→直前と入試までラストスパートです!

この夏に得たものを2学期からもしっかり伸ばして行きましょう!!

 

中学、高校受験コースでは10月下旬に「都立芸術高校推薦入試実技模試」が行われます。詳しい情報はホームページにて掲載されますので、今年度に美術系高校を受験をされる方はそちらもご確認ください。

都立総合芸術高校合格のための特別ゼミ

 

こんにちわ!基礎中学の高校受験コースです。

 

受験生の皆さんは夏休みに入り、志望校の体験授業や学科・実技試験の勉強など忙しい毎日を送っていることと思います。

 

729()、河合塾美術研究所新宿校では都立総合芸術高校を志望する中学生のみなさんに向けて、合格のための実技と学科のレクチャーイベントを行いました。

 

まずはじめに実技に関するレクチャーです。

 

18080101.JPG

 

総合芸術高校では実技試験の評価基準として、形の正確さ、明暗、色感、質感の違いや台面を捉えられているかなど、基本的なデッサン力が求められています。

レクチャーでは、それらの基礎的な技術をより発揮できるような「良い構図」とはなにかということについて説明をしました。

 

そして今回のイベントではレクチャーに加え、「良い構図」とはなにかがより分かりやすく伝わるよう、ベテラン講師陣3名によるデモンストレーションが行われました。

 

18080102.JPG

 

各先生、モチーフの位置を決め、勢いよく描き出し始めました!

 

18080103.JPG

 

日本画専攻出身の先生は、はじめの段階から光と影の印象を大切にしながら描き出しています。

 

18080104.JPG

 

18080105.JPG

 

油画専攻出身の先生方、大小関係や形を正確に捉えるために、まずは大まかに色を乗せていきます。

 

18080106.JPG

 

先生たちの描き出しを見るだけでも得るものがとても多いと思います。

参加者のみなさんも、真剣な眼差しでじっと観察されていました。

 

18080107.JPG

 

30分の実技デモンストレーションを終えて、3枚の絵を並べて見ます。

モチーフの組み方、B3の画用紙の中にどのくらいの大きさで描くかによって、絵全体の見え方が変わるということへの理解が深まったのではないでしょうか。

レクチャー後、参加者の皆さんには小さな画用紙に「エスキース」を描いてもらいました。

 

18080108.JPG

 

その後は学科の河合塾で授業をされている講師の方をお招きし、都立高校入試(英数国)の具体的な攻略法のレクチャーが行われました。

 

18080109.JPG

 

18080110.JPG

 

参加者のみなさん、お疲れ様でした!

今回のイベントで得たものをこれからの制作や勉強に活かし、合格を目指していきましょう!

 

河合塾美術研究所の夏期講習では、都立総合芸術高校以外の美術系高校を受験するみなさんのためにも幅広く対策や準備のアドバイスを行っています。

女子美術大学付属高校、都立片倉高校、都立大泉桜高校など、実技試験を有する高校を志望している受験生の方や、美術系高校に興味があるけどよくわからないな...と思っている中12年生のみなさんも、ぜひ一度河合塾に足を運んでみませんか?

 

夏期講習の詳細はこちらから!

http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/short/

 

 

こんにちは!基礎専攻です。

7月15日(日)1学期の締めくくりとして、1.2年生のデッサンコンクールを実施しました。

河合塾美術研究所は、名古屋アトリエと新宿アトリエの2校があります。

7月と1月の年2回コンクールという形で交流をしています。

今回の参加枚数は、新宿校+名古屋校+一般外生合わせて、80枚でした。

さて、今年の課題モチーフは・・・

 

18072901.jpg

マルス胸像!!


制作時間は5.5時間とハードな課題でしたが、熱意のある作品が多数生まれました!!

 

18072902.jpg

 

18072903.jpg

 

制作のプロセスを講師が見守っています。カルテや、今後の指導に生かしてゆきます。

んー皆、真剣!!

 

経験値の差はありますが、皆、集中して頑張っていました!

石膏デッサンの評価として、構図やプロポーションはとても大切な要素になりますが、

高1・2年生のこの時期だからこそ大切にしてほしい他の要素もあります。

 

18072904.jpg

誰よりもよく観察する!!

そんな取り組みを大切にしていってください!!

 

上位作品紹介します!

 

 

18072905.jpg

 

 

18072906.jpg

 

 

志望する専攻の違いもありますが、熱意の感じられる作品が多く生まれました!!

同年代の、作品を見ることもとても刺激になりますね!!

講師が採点をしている間に、現役芸大生による、デッサンの描き出しを見学しました。

 

18072907.jpg

 

デッサンは、描き出しが重要なので、勉強になったと思います。

全てのデッサンを並べて講評会です!さて結果は・・・? 

 

18072908.jpg

 

18072909.jpg

 

今回の結果A/a 14B/b 40C 26名でした。

 

全体講評の後に上位3名への表彰式!

 

18072910.jpg

 

おめでとうございます!

 

18072911.jpg

 

おめでとうございます!

 

18072912.jpg


 

おめでとうございます!!

 

その後個別講評を行い、後日カルテが各自に送付されます。

現時点の自分の立ち位置を知り、今後の課題を見つけ、夏期をより充実した時間にしてください!!

 

夏期講習は、普段の授業と違い、長時間集中して課題に取り組むことができます。

当校の基礎専攻は2日単位で、忙しい高1・2生にも受講しやすくなっています。

生徒一人一人に合わせた、細やかな指導を行い、各専攻別の課題説明など、豊富なカリキュラムを準備していますので、

ぜひ、受講検討してください!!


高1・2 デッサンコンクール

こんにちは、基礎専攻高1・2です!
2月24日(土)に、「高1・2デッサンコンクール」(新宿校・名古屋校合同石膏デッサン)の講評会を行いました。参加枚数は、一般生の方も含め、全部で167枚!

17022801.JPG

1月の、両校での実施後、名古屋校に作品を送り合同採点して上位ベスト20点を選出。その後、まず名古屋校で講評し、続いて今回、新宿校での講評でした。両校の講師が新宿と名古屋を行き来しての、掛け合いの合同講評は、河合塾ならでは!

17022802.JPG

出題は、高1・2としては難易度が高い「ヘルメス」です。頭部の髪の部分が細かく複雑な一方で、胸部のノッペリとした捉えどころのない形状が両極端。また、木炭紙の比率に構図を収めづらい像で、「デッサン」がわかっていないと描けない像です。

17022803.JPG

写真左、上下のトップの2点は、頭部の細かいところを大きく、逆に、胸部の捉えどころのないところもしっかり形の変化を見ており、「大人」なデッサンに仕上がりました。また、重要なのに見落としがちな首も、抜かりなく捉えていますね。

17022804.JPG
17022805.JPG
17022806.JPG

上位者の表彰も行われました!コンクールでは、「構図」「印象」「形態感」など、規定がクリアできないとマイナスになり、それが点数に反映されますが、大事なことは、「トーンの観察は誰にも負けない」など、対象を見る際に自分が重視していることを失わず、全体のバランスを考えてほしいというところ。

ただ欠点のみを直していると、「上手いけれど魅力のない」デッサンになってしまいます。そこが難しいところですね。いま、基礎総合コース生は、「修了制作」として、時間をかけて自身のテーマを深め、表現する課題に取り組んでいます。

大切なのは、将来、デザイナーやアーティストとして羽ばたくこと。「石膏デッサンのための石膏デッサン」にならないよう、自身の表現と石膏デッサンを結びつけていきましょう!がんばって!

河合塾美術研究所・新宿校は、コースや曜日選択の自由度が高く、曜日によっては、1クラスは少数で、きめ細かいアドバイスが特徴です。しかし、今回のような姉妹校合同のイベントでは、大規模な作品数で評価を行い、全国レベルの競争も行います。

この春は、これから美術系の進路をお考えの皆さまに最適なイベントをご用意しています。ウェブサイトをご参照ください。

http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/news/event_detail.html#001

都立総合芸術高校推薦実技直前ゼミ


都立総合芸術高校の推薦入試受験者必見!
推薦入試の実技を直前対策できる講座を実施します。

詳細は以下をご覧下さい。
※クリックで拡大できます。


20171226.png

※インターネット申込の場合、受験料はコンビニ支払いとなります。
お申し込み後は、なるべく早めにご入金下さい。

お申し込みはこちらから
http://www.kawai-juku.ac.jp/event/list/dtl0000004446



基礎専攻 2学期紹介

基礎専攻の2学期紹介です!

 

高1・2生、特に高2生の2学期は、文化祭、修学旅行など高校行事が盛りだくさんで、忙しいですね!そんな中でも、河合塾美術研究所の基礎高1・2クラスの塾生のみなさんは、いろいろな課題に取り組んでいますよ!

 

9月最初は自画像。塾祭であるKJ CHAMPIONSHIPに作品を展示しました!そのKJでは「専攻説明ツアー」を行い、各専攻の先輩の作品を見て、解説を聞きながら、将来の進路をイメージしました。

 

2017111401.JPG

 

そのあとは細密課題で、しっかり細部まで観察し、表現することを学びました。10月最初は、細密とは逆に、対象を早く大づかみに捉える勉強で、石膏像のクロッキーに挑戦。押さえどころ、構図のポイント、大まかな明暗のイメージなどを素早く捉えられるよう、反復練習をして、本作のデッサンにつなげました。

 

2017111402.JPG

 


2017111403.JPG

 

2学期、高2生は、専攻進路を決める時期でもあります。10月後半は、専攻別課題で各専攻の特色を学んでいきました。でも息抜きも必要。受験専攻イベント等で基礎専攻授業がお休みの時、新宿御苑に屋外スケッチに出かけました!先生も一緒に描きましたよ!

 


2017111404.JPG

 

11月から12月にかけては、高3生のクラスで力を試す専攻体験、武蔵美教授に直接教わるイベント、そして、専攻別選択課題パート2と続きます。最後の仕上げは石膏デッサン。そのあとは冬期講習です!

 


2017111405.JPG

 

 

2017111406.JPG


冬期講習受付中

 

楽しくかつマジメに将来の専攻のことを考え、地力をつけてゆく河合塾美術研究所・基礎専攻。冬期講習もぜひ、ご参加くださいね!


こんにちは!基礎科中学コースです。

 

学校説明会などが各高等学校で行われている10月、河合塾では今年度も都立総合芸術高等学校推薦実技模試を行いました。

 

出題形式は過去の入試問題と同様に、「卓上デッサン」と言われる、複数のモチーフが配布され、それらを組み合わせ三時間でデッサンをするという課題をやってもらいました。

 

参加人数は50名以上、昨年度の受験者数のほぼ半数近い人数が集まり。教室の緊張感もかなり本番に近いものだったのではないでしょうか。

 

 採点は高校受験を担当している6人の講師によって行われ、総合芸術高校が学校説明会で言われている項目を基準にして採点を行いました。

 

今年のモチーフは、ちょっと難しかったでしょうか? 近年の総合芸術高校では正確な観察力と描写力が問われているので、必要になりそうな素材のモチーフを選びました。 

 

2017111101.JPG

 

2017111102.jpg

 

模試で描かれた作品を見ていると、総芸入試でもかなり重視されている台面の表現に苦戦している受験者が多かったように感じます。

 

台面の表現をする為には、配られたモチーフだけを見るのではなく、モチーフが置かれている台全体の状況を観察する必要があります。プラス、台に落ちる影にも注目してほしいと思います。

そこが、なかなか難しいのですが、、、汗

 



2017111103.jpg

2017111104.JPG

 

総評では上位数名の作品講評を行いました。自分の作品だけでなく、周りの受験者の作品を見る事ができる貴重な機会です。

上位作品にどんな魅力があるか、自分に足りないものは何か、模試を通してそれぞれの課題が見えた事と思います。

 

 

2017111105.jpg

 

成績上位者には、河合塾から賞状と豪華景品!?が授与されています。

中身が気になるー

 

 

2017111106.jpg

 

2017111107.jpg

 

2017111108.jpg

 

総評後はグループに分かれて講評を行い、個々の作品に対するアドバイスを行いました。

 

また、模試の結果やより細かなアドバイスは後日観点別のコメント付き採点表として送付されます。

 

模試であまり評価が高くなかった受験者も、まだまだこれからの頑張りで作品はどんどん良くなっていきます!

今回の結果に気落ちする事なく、一枚一枚良い絵が描けるように精一杯頑張ってほしいと思います。

 

現在、基礎中学専攻では、冬期講習の参加を受け付け中です。講座によっては早めに締め切る場合がありますので、お申し込みはお早めに!

入試直前対策として各種イベントも行っています。

受験までの残り時間をより有意義なものにするために、活用していただければと思います。

 

冬期講習はこちらhttp://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/short/

中学イベントはこちら
http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/news/event

 

 河合塾美術研究所 新宿校案内へ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち基礎専攻カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは冬期講習です。

次のカテゴリは夏期講習です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。