河合塾
HOME
河合塾美術研究所 新宿校 授業風景
河合塾美術研究所 新宿校へ

河合塾美術研究所 新宿校 授業風景

新学期の最近のブログ記事

 先日3月20日(日)、都立総合芸術高校の合格者による実技試験(推薦入試、一般入試)の入試再現イベントを校舎内で行いました。

 本番入試で出題されたモチーフとほぼ同様のものを用意し、試験時と同じ構図で取り組んでもらいました。

 推薦入試では、頻出モチーフである円柱形のものからパック入りの卵など質感を表現することが難しいものまで、一般入試では、灯油のポリタンクのような広い面に色を乗せなければならないもの、パンやレモン、小さな瓶など質感を描き込む必要のあるモチーフが数多く都立総合芸術高校の今年度の入試では出題されました。

 今後も難易度の高いモチーフが出題されることが予想されます。どんなものが出ても新鮮な気持ちで描き切ることが大切なのではないでしょうか。


2016032402 (2).JPG

2016032401.JPG

 当日は同時に、無料実技体験講座や美術系高校入試ガイダンスも行われました。

 美術系高校についての知識と経験豊富な講師陣が個々のご質問やご相談にも対応いたします。

 入試に対する疑問や不安があり、進路を決めかねている受験生のみなさんはぜひ一度実技体験講座にお越し下さい。


2016032402 (1).JPG

 そして午後は、基礎中学コースのみなさんに集まっていただき、高校進学と進級お祝いのパーティーを行いました。

 それぞれ、さまざまな進路に向かっていくみなさんですが、河合塾美術研究所新宿校で学んだことが少しでも今後の人生で役立つ事を願っています。

 卒業生も受験生も、美術を好きな気持ちを大切に自分の表現に向かって突き進んでいきましょう!


  2016032404.JPG

 なお、高校受験のための無料実技体験講座をお申込になりたい方は、右記のサイトをクリックしてください。→http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/news/056.html

 

 河合塾美術研究所新宿校の基礎中学専攻 講師およびスタッフ一同心よりお待ちもうしあげます。

3月20日は1日、武蔵美・多摩美デザイン科受験生に向けたイベントとして、
午前は武蔵美・多摩美の一般入試の学科ガイダンス(英語・国語)、午後は色彩構成の体験講座を続けて行いました。

私大デザインを受験するには、学科・実技いずれも重要です。
今回、1日通しでのイベントでしたが、皆さん最後まで熱心に授業に向かっていて、いよいよ春から受験生になるという意識が早くも高まっているんだなということを感じました!

 

午前中の学科対策では、英語のエキスパートの講師が2名、武蔵野美術大学と多摩美術大学の今春の一般入試の問題を実際分析し、来年度受験しようと考えている参加者に傾向と対策を披露しました。

2016032301.jpg

2016032302.jpg

今回参加者限定に配布された入試対策プリントは、結構プレミアものですね。

また、国語のエキスパート講師による対策では、多摩美の小論文対策も説明し、参加者の皆さんは得した気分になったと思います。 

2016032303.jpg

 

いったんお昼休憩をはさんで、午後は色彩構成体験講座に取り組みました。

、折り紙をモチーフとして配布し、それを自由に使って「表情」をテーマに色彩構成をしなさいとう課題でした。
3時間という短い時間なので、A3画面での制作でしたが、積極的に手を動かし、しっかりと作品を完成させることができました。
それぞれ自分でどのような表情をテーマとしたのかを聞きながら、和やかな雰囲気の講評を行いました。

 
1458460367955.jpg

1458460404789.jpg

色彩構成を制作している同じ教室では、同時に今年度の合格者による多摩美術大学グラフィックデザイン学科の色彩構成と、武蔵野美術大学工芸工業学科の静物デッサンのデモンストレーションも行いました。

実際の受験作品の制作工程を間近で見たことも、体験参加者の皆さんには刺激的だったと思います!

今週末の3月27日には武蔵美・多摩美の教授を招いてのガイダンス、入試相談会のイベントを施します!
直接大学の教授に疑問や相談をぶつけるチャンスです!
同じ志の仲間を誘って、是非参加してください!

参加申し込みはこちらから http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/news/056.html

 

特別講座(少人数限定) 受付締め切りました!

3/20・21:石膏デッサン特訓  

 実技指導+個人作品面接
■ 3/20・21:着彩特訓        

  実技指導+個人作品面接

 


東京芸術大学受験経験者限定(参加費無料)

先着8名(着彩)または、10名(デッサン)の特別講座 


河合塾は、安いだけの予備校とは違います。
無理な勧誘も一切行いません。
ゆったりとして、環境のよい中で授業を受けられます。
新宿校社会人講師6名、現役芸大生の講師3名
名古屋校社会人講師9名、学生講師2名という日本一の講師数を誇り
中規模の人数制で結果を出している予備校です。
(※ 2015年度現在 ホームページ・パンフレット・チラシ等で公表している予備校の中で最多。河合塾調べ)

 

授業に参加してみたいけど、入塾しなければ授業の様子は分からない...
無料だからって、無理な勧誘をされたくない...
などの不安がある人は、是非この機会に授業や塾の様子を体験しに来てください。
無理な勧誘を行わなくても、私たちには自信があります。
本気で絵を学びたい人は最高の環境と講師が揃う河合塾をこの機会に是非体験してみてください!!


春はゆっくり休み、いろいろと考えたい時期かと思います。
しかし、実はこの時期が一番大切です!
「鉄は熱いうちに打て!!」なのです!!


一人で悩まず、今後どうして行きたいか、
また、どうすれば来年の受験を突破できるのかを
この無料体験講座で一緒に考えてみませんか?
たった2日間で知らない物の観方や考え方が発見できるかもしれません。

鼻からゆっくり息を吸い、
口からゆっくり息を吐くように
今後の循環をよりよくする方法を教えます。

 

芸大二次試験 <着彩> 3月20,21日実施
 特別講座「光をデザインする」

2016031402 (2).jpg

(※実際制作するモチーフではありません)

二次試験経験者限定

 

こちらの2日間特別講座は、東京芸大の一次通過者を対象にすることで
よりレベルの高い内容の講座となっています。


静物着彩において大切な事は、全てに通じる観方の意識です。
基礎力のあるあなたに、物の観方のおさらいからレベルの高い観方について
年間通して河合塾美術研究所が大切にしている内容を伝授します。

光をデザインする、とは何だろう?
きっと帰る頃には観ると言う意識が変わる事でしょう。

一人一卓の静物着彩です。


[持ち物]

デッサン用具・着彩用具・自分の作品(デッサン・着彩各5枚程度)
*パネルは貸し出し、用紙は支給。

*********************

*********************

 

芸大一次試験 <素描> 3月20,21日実施
 特別講座 「前光攻略法」

2016031402 (1).jpg 

(※実際制作するモチーフではありません)

芸大受験経験者限定

 

こちらの2日間特別講座では少し的を絞り、受験生の中で苦手な人が多い「石膏デッサン前光の極意」を河合塾の豊富な参考作品を交えて鉛筆の扱い方からわかりやすく教えます。


[持ち物]

デッサン用具・自分の作品(デッサン・着彩各5枚程度)
*パネルは貸し出し、用紙は支給。

**********************


「 個をひらく場所 」

一人一人にあった合格を、河合塾美術研究所は応援します。

その他、春はイベントが盛り沢山です!
是非この機会に、河合塾美術研究所を体験してみてください。


電話でのお申し込み、問い合わせは、 
フリーダイヤル0120-327-414

イベントの詳細及びインターネットでのお申し込みは

こちらから→http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/news/056.html  


 

日本画 本科 野外スケッチ

日本画本科では毎年野外スケッチを行っています。

今年は5月11日、12日の二日間で井の頭恩賜公園にいってきました!

*スケッチ(sketch:英)とは眼の前の風景やものなどを短時間で描くこと、またその絵。写生、素描ともいう。

 

 

yagai001.jpeg

 

11日は自然公園周辺をスケッチ。
とってもいい天気で気持ちのいい日でしたね!
(スケッチをするには暑くて眩しいかもしれませんが...)

 

 


yagai002.jpeg

 

 


yagai003.jpeg

 

 

yagai004.jpeg

 

自然が多く、被写体が沢山!糸トンボや蝶々など生き物もいたようです。なにを描くか迷ってしまいますね。

 

 


yagai005.jpeg

 

 


yagai006.jpeg

 

 

 


yagai007.jpeg

 

 

 

yagai008.jpeg

池を描く人も多かったですが、ボートにのっている友人を描いた人などもいました。
みんなとっても楽しそう!

 

さて、二日目は井の頭動物園へ。

yamagi009.png

 

アジアゾウのはな子が有名な動物園です。

 

yagai010.png

 

いいポジションに山羊が...

yagai011.png

 

 

yagai012.png

モルモットとふれあいながらスケッチするとは!
いい絵になりそう~!


この日は台風が迫ってきていてお天気が心配でしたが、大きな雨も降らず、涼しかったせいか動物たちも大人く、描きやすように感じました。

一日の終わりにはみんなの絵を並べ鑑賞と講評を。


yagai013.png

一日目

 

yagai015.png

二日目

友達のスケッチを見る事もとてもいい刺激になったと思います。


ものを描く事とは、何を見つけ、何を感じ、何を捉えるかということがとても大事です。
日本画科は主に、ものを捉えること、見る事を養う、ということに重点をおいていて、スケッチはその点でとてもいい訓練になります。

この二日間でモチーフ(絵を描く被写体)に沢山ふれ、歩き、描き、みんなよく頑張りました。
それぞれに得られるものがあったと思います。

みんなお疲れ様!

 

 

*日本画では6月20日(土)21日(日)に東京芸大 公開実技模試があります。
みなさまの参加をお待ちしております!

◆東京芸大実技模試 日本画 一次鉛筆素描についての詳細はこちらから

河合塾美術研究所 2015 公開実技模試


URL:http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/news/047.html>

 

 

 


 

日本画専攻 本科 新学期スタート!

2015年度がいよいよ始まりました!

 

「まずは自分としっかり向き合い、己を知る」をテーマに、毎年おこなっている恒例コンクールからのスタートです。

 

一人ひとりのできていることや、まだ足りない力などをしっかりと把握することから始めています。

 

一学期は個々のレベルに合わせて、絵を描く上での大切な事を学びます。

 

 

大学合格をするために必要なことや、大学に入ってから制作をする上で大切な力とは何でしょう。

 

画材の扱い方、対象との向き合い方から、表現方法。

それにもまして、何を表現したいのか?と言うことがとても大切になってきます。

絵を描く人としての基礎的な基盤作りとともに、受験としての実践的な課題にも取り組みます。

 

 

最初の授業では基礎力の確認として、鉛筆の使い方から2時間程度で何を捉えられるかのトレーニングも行いました。

 

201501.JPG

 

 

●□見えてくる強弱も大切に出来ている秀作ですね。

201502.JPG

 

その他道具の使い方から見方のおさらい、そして絵にすることを考えた課題をこなしていきます。

 

 

ゴールデンウイークには、毎年数回日本画でやっている自宅課題のコンクールを開催!

 

今回は2015年度第一回コンクールで「レモコン!(レモンコンクール)」を行いました。

 

201503.JPG 

201504.JPG

 

 

201505.JPG

 

201506.JPG

 

優秀作品の賞としてレモンティーと黄色の高級絵の具を進呈!

 

 

201507.JPG

 

201508.JPG

 

今後もレモンキングの座を守れるよう、香り立つレモンを描き続けてくださいね。

 

 

まずは6月の芸大一次模試に向けて結果を出せるよう、

足りない事を把握して、一歩ずつ確実にしていきましょう!

 

 

 

年度途中からの入塾も随時受付中です。

 

日本画に興味のある方は、見学や面談の対応を講師ならびに教務スタッフが致しておりますので、いつでもお気軽に相談下さい。

 

また年間を通して色々なイベントもあります。楽しくも緊張感のある日本画にどうぞご期待ください。

 

 

 

◆東京芸大実技模試 日本画 一次鉛筆素描についての詳細はこちらから

 

河合塾美術研究所 2015 公開実技模試

URL:http://www.kawai-juku.ac.jp/trial-exam/ptc/

 

 

そろそろ桜も咲き始め、今年度の終わりが近づいて来ましたね。受験生たちがほっと一息つく頃、基礎専攻の高校生たちは年度内最後のデッサンコンクールを行いました!

 

2015032401.JPG 

 

1位作品です!

 

2015032402.jpg 

 

参加者で写真!

 

2015032403.jpg 

 

各々一年間の集大成とも言えるデッサンを描き上げ、想像を超える力作が揃いました。

 

その後、大掃除。打ち上げを兼ねたお茶会のあとは、基礎専攻最大のイベントでもある修了制作展の展示作業です。

 

2015032404.JPG 

 

 

2015032405.JPG 

 

目をひく作品が並んで、作業どころではないようですね。

 

講師の先生方も総動員で展示作業を手伝い、外が暗くなってきた頃、ようやく全ての作品が並びました。

 

2015032406.JPG 

 

ポスターなどの平面作品からオブジェやアクセサリーなどの立体作品、デッサン、自画像まで、中学生と高校生の今を伺える、こちらも力作揃いとなっています。

 

そして、表彰式。先のデッサンコンクール優秀賞と、講師の個人賞、そして大賞の授与が行われました。

 

2015032407.JPG 

 

 

2015032408.JPG 

 

すぐに賞品を開けています!

 

2015032409.JPG 

 

今年の大賞は「ピンクの象」!

 

 

2015032410.JPG 

 

 

2015032411.JPG

 

今、春期講習真っ只中!高2生は、いよいよ受験です!昨年度・基礎専攻生は、たくさん現役で受かりました!みんなも頑張って!!

 

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち新学期カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは彫刻専攻です。

次のカテゴリは日曜ゼミです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。