河合塾美術研究所 新宿校 授業風景

イベント の記事一覧

【3/17】春の公開授業!【油絵科】

カテゴリ:

2019年 03月 25日 12:24

油絵科です!
だんだんあたたかい日も増えてきて、桜も咲き始めました。春ですね。
この1年戦ってきたみなさんお疲れ様でした。
河合塾では次年度に向けて、春期講習が始まります!


油絵科では3/17(日)「君はどこを見ているのか--視点の確認--」と題して、公開授業を行いました。
スケッチブックでのドローイングをメインに、木炭紙での制作を通して "自分の視点を探す" ことに重きを置いた課題です。


モチーフはこちら











教室全体にモチーフが散っているので全てを見せるのが難しいのですが、プラスチックの波板・水の入ったガラス器・石膏像などが床に直接バラバラに置かれています。
油絵科の入試では、モチーフが台の上に置かれているとは限りません。
これまで学校の美術室などで制作していた現役生のみなさんは、この状況に戸惑ってしまうのではないでしょうか?


油絵科では基礎的なデッサン力はもちろんですが、受験生一人一人がどの様な視点・興味を持って制作に取り組んでいるかという事がとても重要になってきます。
多摩美・武蔵美・東京芸大などの主要な美術系大学に共通してこういった課題が出題されているので、しっかり対策していく必要がありますね。


今回参加してくれたのはみんな新3年生でした。
聞いてみると、こういった課題はやったことが無いようです。
自分が面白いな、きれいだなと思ったことを大切に、どんどん自分で動いてスケッチやドローイングして欲しいと話をし、制作が始まりました。







どうしていいか分からず手が止まってしまうかと思いきや、みんなイーゼルも立てずにどんどんスケッチブックに描き始めました。
戸惑いながらも、手探りで自分の興味を探っていきます。


モチーフに手を加える事も可としたので、ガラス器の水にインクを垂らしてみる人、ビー玉を散らしたりコップに詰めてみたり、色々試していて素晴らしい!












途中お昼休憩や面談も挟みながら、9:30~16:50ごろまで全員楽しそうに制作していました。









講評は先輩のスケッチブックやドローイングを見ながら行いました。
みんなここから1年、この調子で好奇心と度胸を持って制作に励んでもらいたいですね!



体験授業やイベント、春期講習などいつでもお待ちしています。何か不安な事など相談だけでも大丈夫ですので、河合塾美術研究所に遊びにきてくれたら嬉しいです~

KJチャンピオンシップ恒例の「専攻説明ツアー」のご案内

カテゴリ:

2018年 08月 29日 16:17

ブログタイトル : KJチャンピオンシップ恒例の「専攻説明ツアー」のご案内

9月8日の土曜日、の、

朝10時、から行われる、

高1・2生と保護者のための専攻説明ツアー

の再度のご案内です!

美大進学、それだけでも人生の一大決心ですよね。

どの大学のどの科を目指すか。

フィーリング? それもだいじですね。

フィーリングに、確かな情報が加われば、あなたの想いに翼が生える!

この「専攻説明ツアー」では、あなたの夢や希望が、空高く羽ばたくよう、

日本画、油画科、デザイン科、彫刻科、先端藝術表現科の紹介をします。

具体的には、

どんな科なの?

受験対策は?

入学後は?

卒業後の進路は?

などなどを、実際の受験生の作品をツアー形式で鑑賞しながらお伝えしたいと思います。


朝10時という早い時間ですが...

早起きは三文(三文は100円くらいらしいです)の得!

来ていただければ、絶対に損はさせません!

三文の100倍以上の価値有る「専攻紹介ツアー」!

しかも無料!

ツアーガイドの気合入りまくりです!

みなさま、ぜひ、お越しください!!

お待ちしてます!!!

KJチャンピオンシップの伝説、再び! ー第3のレジェンドー

カテゴリ:

2018年 08月 28日 16:18

「 KJチャンピオンシップでの受賞 = 志望校合格! 」

前回のブログでは、みごとにその偉業を成し遂げた2人のレジェンドのメッセージをお伝えしました。

今回は、第3の矢であなたのハートを射抜きます!

神出謙さん! カモン!

神出さんは、自画像コンクールで最優秀賞を受賞し

東京藝術大学、デザイン科に合格しました! 

すばらしい!!


この神出さんがどんな自画像を描いたか、見たいと思いませんか?

ぜひ、河合塾美術研究所新宿校にお越しください!

さてそのレジェンドがなにを語ってくれるのか?

メッセージ、ドン!

―神出さんは、KJチャンピンシップに参加していかがでしたか?

僕は昨年、一昨年とKJに参加して、受験作品や制作に非常に影響がありました。

3日間という長い時間をかけての自由制作はこれが初めてで、自分の好きな表現をとことん研究しました。

これによって、その後の平面作品では、その表現を生かした絵で他の人と差をつけることができました。

そして、自分の好きな絵を描くことで、大学でどのような作品を作りたいかというヴィジョンが明快になり、より志望大学に入りたいという気持ちが強くなりました

―なるほど、自由制作をすることで、受験への取り組み方が変わったんですね! 他には?

最初はただ作品を展示して終わりかなと思っていたのですが、セッティングも自分たちですべてやるので大変でした。

どういうライティングをすれば作品がより生きるのかを考えることができ、とてもいい経験でした。

普段は見ることのできない友人の好きな表現で描いた作品は、興味深く、どれも圧巻で、より尊敬し合える仲になれると思います

―作品制作だけではなく、展示の仕方、それを通しての友情の深まり、うーん、冒険だ! 青春だ!

努力は報われる!

それをみごとに体現してくれたレジェンド、神出さん、ありがとうございました!

みなさんも、平成最後の夏、精一杯自分を燃え上がらせましょう!!

KJチャンピオンシップの伝説 ーレジェントたちのメッセージー

カテゴリ:

2018年 08月 21日 16:19


2018年の夏。

平成最後の夏。

夏といえば青春!
青春といえば冒険!!
冒険といえば伝説!!!

「アートとは、すなわち青春であり、冒険であり、伝説だ」(ある河合塾講師のことば)

今年夏も、新たな伝説が生まれる青春と冒険の祭典「KJチャンピオンシップ」が行われます。
(「KJチャンピオンシップ」の詳細につきましては、すでにブログに掲載されています。そち
らをごらんください!)


KJチャンピオンシップとはなにか・・・はさておき、
本日は、いきなり「KJチャンピオンシップの伝説」について。


青春 → 冒険 → 伝説 と来れば、頭のなかにぽわわんと浮かんでくるのは、まばゆいまでの輝きを放つ両手でも抱えきれない黄金宝玉の山(そしてその周囲に散乱する白骨)ではないでしょうか。
KJチャンピオンシップ、作り切った果てにそれがあるのか?

あるんです!じつは!

受賞すれば賞金が出ますよ!
各科賞、教務賞、オーディエンス賞などなど各種の賞がみなさんを待ち受けてます。(ガムが3個買えるくらいの値段〜牛肉が1キロ買えるくらいの札束まで、ランクによってさまざまですがね。)

しかし伝説というからには、そこでは終わりません。
まだまだ続きがあります。

ずばり言います。

「KJチャンピオンシップの伝説」とは!

グランプリ受賞者は!!

芸大合格!!!

まじか????

まじだ!!!!!

その証拠をご覧にいれましょう。

伝説を生み出したレジェンドからのメッセージがこちら↓


髙橋沙和です。
私は昨年KJに参加しましたが大学に入ってからKJでやったことが活かされる場面がいくつかありました。
特に役に立ったのが作品の魅せ方を考えるということです。
普段の受験課題だとただ並べて提出ですがKJの作品展示で照明や高さはどうするかなど作品を一番よく見せる方法を考えなきゃいけないということを学ぶことができました。
予備校では普段多専攻と関わることはあまりないのでオープニングイベントでみんなで企画を考え作品を作ることができたのがとても良い経験となりました。



髙橋さんは現在、東京芸大工芸科の1年生。
昨年(2017年)のKJチャンピオンシップでグランプリを受賞し、みごと、芸大合格を果たしました。
ありがとうございます!
おめでとうございます!!


ん? なんですって? たまたまじゃないかって?
んまあ、一度なら「KJチャンピオンシップグランプリ」と「芸大合格」の関連は偶然と言われても仕方がない。
なら、これでどうだ!


2016年のKJチャンピオンシップグランプリ受賞者、佐々木玲奈さんからのメッセージ↓


はじめまして、東京芸大彫刻2年の佐々木です。
私にとってKJは、普段の受験勉強とは違った視点で制作に取り組む事が出来る最高の機会でした!どうしたら自分の作りたいものをひとに伝えられるかを考えたり、普段だったら絶対に作ることのないサイズ感のものを目前にした時、効率の良い作業のスケジュールを考える必要があったのですが、そういったことをこなすことで、後の受験勉強にとても役に立ちました。
皆さんも是非このKJの時間を大切にして自分の作りたいものを作ってください!




素晴らしいメッセージ!
ありがとうございます!!
いい笑顔ですね!!!


2年連続で、グランプリ受賞者が東京芸大に受かっているということは、当然2度あることは3度ある、今年もまた新たな伝説が生まれるということですよ。

KJチャンピオンシップの作品制作でがんばることは受験に直結する!
受験だけじゃなく入学後も大いに役立つ!

だって、自分のしたいことを表現するために美大受験を選んだのだからね。
KJチャンピオンシップは、自分のやりたいことが出来る貴重な機会だからね。

もうやるしかないですね。

なによりも
あなたの青春のために!
あなたの冒険のために!
あなたの伝説のために!

この夏、
平成最後の夏、
あたな自身の未来のために、
あなたが望む作品を生み出そうとする姿は、
なによりも美しい。

がんばりましょう!!

伝説になれ!!