河合塾美術研究所 新宿校 授業風景

イベント の記事一覧

【基礎中学】8/25特別ゼミPart2!【高校受験】

カテゴリ:

2019年 08月 31日 11:58




夏期講習最後の仕上げに、学科+実技の小テストです!!
(上の写真は先生の描いた参考作品を辛口講評している所......)



さて、1ヶ月前の特別ゼミから夏期講習を経て、みんなとても成長しましたね。
夏期講習終わりに夏の総仕上げとして、実際の高校入試に近い形で、学科+実技のテストを行いました。


1日で学科と実技、さらに採点と返却まで行ってしまうというなかなかハードなスケジュールです!



【まずは学科の小テスト】


来て早々にまずは学科の小テストです。
国語と英語のみですが、この日の為に特別テストを用意しました。







この夏は、みんな実技だけではなく学科の対策もしっかりできましたか?
夏期講習中、午前中は実技対策、午後は学科対策と暑い中毎日頑張っている生徒もたくさんいました。


実際にテストを受けてみて、できた所・できなかった所を確認し、冬に向けて足りなかった所をしっかり対策していこう。



【次は実技のテスト】


ほぼ実際の総合芸術高校の試験時間での実技テストです。
課題文・注意書きも配布され、実際の試験に近い緊張感で行われました。


モチーフは「トマト缶、角材、トマト、白いリボン、グレーの紙」の5つです。








普段「こまめに離れて画面を確認しよう」と言っているのですが、今日は離れて見ている人が少なかった様に思います。
緊張していたのかな?


実技の試験は、実際の試験でも注意書きに特に記載が無ければ、席を立って離れて画面を確認する事が可能です。
万が一ダメな時でも、試験官が注意してくれますし、注意された後やらなければ全く問題ありません。


配られた紙をよく確認して、あとはできるだけいつも通りに制作しよう!







お昼休憩を挟んで、午後も引き続き実技テストです。


みんな時間いっぱい集中していつもより描けていました。
緊張感って大事ですね~


先生はたまに見に来ますが、何も言わずに後ろから見守ります。











【最後に、採点&講評】


実技が終わったらすぐに、採点&講評です!


公開採点という形でみんなの目の前で先生達がバンバン評価を行っていきました。


今回の採点基準ですが、7月の特別ゼミPart1を受けて、"構図"をメインに見ています。
夏期講習が終わったこの時期の実技レベルとして、このまま伸びていけば問題なさそうな標準的なレベルを「B」として、より描けているものを「A」、構図が小さくなってしまっているなどもう少し努力が必要なものを「C」と三段階で評価しました。















最後に!
忘れてはいけないのが学科のテストです。
返却と簡単にですが解説を行いました。
みんなお家に帰ってからも見直してくださいね。












さて、怒涛の1日でしたがいかがだったでしょうか?
河合塾美術研究所では秋に向けてもKJや無料体験、実技模試などイベント目白押しです。


美術系高校に進学を考えている中1~3年生のみなさんは、ぜひ一度教室を見に来てみてください。




9月の無料体験↓↓
https://www.kawai-juku.ac.jp/event/list/dtl0000010452

『初夏の無料イベント 日本画専攻』

カテゴリ:

2019年 06月 17日 11:06

先日河合塾では初夏のイベント(体験授業)を行いました!



日本画専攻では〈藝大生の着彩道具を徹底公開!着彩のレベルアップのポイントゼミ〉という授業を公開!

今年新宿校から芸大に受かった4名の合格再現作品と着彩道具を紹介し、合格者のパレットの色配置や、こだわり・気にしたポイントなどをふまえ、水彩道具の特色、配色で気をつけたい事などレクチャーしました。

その後、受講者の皆さんには、同じ色のモチーフで人工物と自然物のセットを描いてもらい(赤いリンゴと赤のカラーセロファン、レモンと黄色のビニール紐など)同じ色の中でも、その中にある違いや、色の特徴の描きわけのポイントについて指導させていただきました。

デモンストレーションには現役の芸大院生の方に。



制作してもらいながら、そのモチーフの特徴を掴むためにさりげなく行っているポイントを紹介。


透明水彩は水分量の違いによって色味に違いがでる道具です。
デモの方は重色(いろを重ねる事)の量や混色でできる色幅を上手く用いています。


[デモンストレーション制作作品]



[講評風景]

受講して下さった方々は高校生が多かったのですが、観察力がある方がおおく、すごく充実した作品が多かったように感じました!
素晴らしいですね。


今回は色について特化した内容になっていましたが、次回のイベント(7/14)では、筆での表現の幅について紹介します。



芸大・美大受験では浪人生の比率が多く、高校生のうちはまだ制作経験の少なさから道具を使いこなせていない方が多いと思います。
この夏のイベントでは、道具に使われるのではなく、使いこなすためのポイントを紹介し、着彩のレベルアップを目指す課題となっています。

着彩に自信がない方だけでなく、逆に自信がある方や経験豊富な高卒生の方も、着彩の理解を深めるために是非参加してみてください!

〈夏の公開授業ー各科専攻の指導力を実感!〉
http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/news/event_detail.html#002

その他に、通常授業の無料体験も行います!
こちらも是非ご参加ください。

〈本科・専科クラス無料体験入塾〉
6/1~22(日本画専攻は17〜22日に行います)
http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/news/event_detail.html#001


6/2油絵科ドローイングゼミ!

カテゴリ:

2019年 06月 14日 19:05

皆さんは自分の普段行き帰りに使っている道を思い出して、そこを通る自分の"導線"についてなんて考えたことがあるでしょうか?


今回は特別講師として、美学校講師でもありご自身も画家としてご活躍されている 丸亀ひろやさん をお迎えし、1日ドローイングです!











まずはドローイングとは何か、丸亀さんの経験も交えながらのレクチャーから始まりました。


お話の途中から "自宅から予備校までの自分の導線" をテーマにドローイングが始まります。












「手を動かしながら聞いてください」との声掛けで、みんなお話を聞きながら少しずつ手が動きます。


最初は戸惑いながらだった生徒も、丸亀さんにアドバイスしてもらいながら枚数を重ねていく内に何か掴み始めた様子でした。















午前中の最後は全員のドローイングを並べて中間講評です。


お昼休憩を挟み、午後はそれぞれこれまでのドローイングを丸亀さんに見てもらったり、それらを踏まえて更に自由にドローイングが進んでいきます。


















午前午後全てのドローイングを合わせてそれぞれ並べ直し、講評会です!












生徒達には長い1日だったのではないでしょうか。集中していたらあっという間だったかな?


1日みっちりドローイングでみんな一皮むけた様に思いました。


油絵科の試験では会場にモチーフが無いこともしばしば。ドローイングで自身の描きたいものについて突き詰めて考える時間は、試験ももちろんですが学校を出た後に制作していく上でとても重要です。この1日を糧に、どんどん実力を伸ばしていってほしいですね!




河合塾油絵科では、ドローイングやスケッチブックの課題を多く取り入れています。それは入試対策はもちろん、大学に入った後も大切になってくる事だからです。


夏期講習でもドローイングの課題を用意していますし、夏にかけてイベントも盛り沢山です。
ぜひ一度みにきてみてください!


http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/news/event_detail.html#004







【3/23】わんこクロッキー【油絵科】

カテゴリ:

2019年 04月 07日 18:08

3/23(土)全専攻合同の河合塾美術研究所DAY


油絵科は
















わんことクロッキーです!
夏以来、また来てくれましたトイプードルのあかねさん!!


人懐っこくてかわいいのです。
油絵科以外の先生や生徒、教務の職員までみんなデレデレです。
色んな人が油絵科の教室に遊びに来てくれました。







さて、クロッキー
人物デッサンなどの課題の始めにやった事のある人も多いのではないでしょうか。
クロッキーと言うと、デッサンや油彩の課題にくっついて行う事が多く、構図を決めるための下絵やウォーミングアップ的な要素が強いですよね。


しかし、シンプルに見えて意外と奥が深いクロッキー......
短時間で制作を行うため、実力が顕著に表れる課題でもあります......


油絵科の入試では、近年、人物課題でモデルさんが動いたり、教室を出て行う取材の課題だったり、このクロッキーが重要になってきています。







しかし、経験の少ない人が多いのもクロッキー
今回参加してくれた人の中にも、初めてだという人もいましたね。
描きやすい画材の紹介から、骨格の話や、犬の動きの話なども途中交えながら制作を行いました。












みんなどんどん手が動いていて良いですね!


最後は、自分の描いた作品を持ち帰り用にまとめて終了です。


河合塾ではいつでもみなさんのお越しをお待ちしています。気軽に遊びに来てくださいね!

【3/17】春の公開授業!【油絵科】

カテゴリ:

2019年 03月 25日 12:24

油絵科です!
だんだんあたたかい日も増えてきて、桜も咲き始めました。春ですね。
この1年戦ってきたみなさんお疲れ様でした。
河合塾では次年度に向けて、春期講習が始まります!


油絵科では3/17(日)「君はどこを見ているのか--視点の確認--」と題して、公開授業を行いました。
スケッチブックでのドローイングをメインに、木炭紙での制作を通して "自分の視点を探す" ことに重きを置いた課題です。


モチーフはこちら











教室全体にモチーフが散っているので全てを見せるのが難しいのですが、プラスチックの波板・水の入ったガラス器・石膏像などが床に直接バラバラに置かれています。
油絵科の入試では、モチーフが台の上に置かれているとは限りません。
これまで学校の美術室などで制作していた現役生のみなさんは、この状況に戸惑ってしまうのではないでしょうか?


油絵科では基礎的なデッサン力はもちろんですが、受験生一人一人がどの様な視点・興味を持って制作に取り組んでいるかという事がとても重要になってきます。
多摩美・武蔵美・東京芸大などの主要な美術系大学に共通してこういった課題が出題されているので、しっかり対策していく必要がありますね。


今回参加してくれたのはみんな新3年生でした。
聞いてみると、こういった課題はやったことが無いようです。
自分が面白いな、きれいだなと思ったことを大切に、どんどん自分で動いてスケッチやドローイングして欲しいと話をし、制作が始まりました。







どうしていいか分からず手が止まってしまうかと思いきや、みんなイーゼルも立てずにどんどんスケッチブックに描き始めました。
戸惑いながらも、手探りで自分の興味を探っていきます。


モチーフに手を加える事も可としたので、ガラス器の水にインクを垂らしてみる人、ビー玉を散らしたりコップに詰めてみたり、色々試していて素晴らしい!












途中お昼休憩や面談も挟みながら、9:30~16:50ごろまで全員楽しそうに制作していました。









講評は先輩のスケッチブックやドローイングを見ながら行いました。
みんなここから1年、この調子で好奇心と度胸を持って制作に励んでもらいたいですね!



体験授業やイベント、春期講習などいつでもお待ちしています。何か不安な事など相談だけでも大丈夫ですので、河合塾美術研究所に遊びにきてくれたら嬉しいです~

KJチャンピオンシップ恒例の「専攻説明ツアー」のご案内

カテゴリ:

2018年 08月 29日 16:17

ブログタイトル : KJチャンピオンシップ恒例の「専攻説明ツアー」のご案内

9月8日の土曜日、の、

朝10時、から行われる、

高1・2生と保護者のための専攻説明ツアー

の再度のご案内です!

美大進学、それだけでも人生の一大決心ですよね。

どの大学のどの科を目指すか。

フィーリング? それもだいじですね。

フィーリングに、確かな情報が加われば、あなたの想いに翼が生える!

この「専攻説明ツアー」では、あなたの夢や希望が、空高く羽ばたくよう、

日本画、油画科、デザイン科、彫刻科、先端藝術表現科の紹介をします。

具体的には、

どんな科なの?

受験対策は?

入学後は?

卒業後の進路は?

などなどを、実際の受験生の作品をツアー形式で鑑賞しながらお伝えしたいと思います。


朝10時という早い時間ですが...

早起きは三文(三文は100円くらいらしいです)の得!

来ていただければ、絶対に損はさせません!

三文の100倍以上の価値有る「専攻紹介ツアー」!

しかも無料!

ツアーガイドの気合入りまくりです!

みなさま、ぜひ、お越しください!!

お待ちしてます!!!

KJチャンピオンシップの伝説、再び! ー第3のレジェンドー

カテゴリ:

2018年 08月 28日 16:18

「 KJチャンピオンシップでの受賞 = 志望校合格! 」

前回のブログでは、みごとにその偉業を成し遂げた2人のレジェンドのメッセージをお伝えしました。

今回は、第3の矢であなたのハートを射抜きます!

神出謙さん! カモン!

神出さんは、自画像コンクールで最優秀賞を受賞し

東京藝術大学、デザイン科に合格しました! 

すばらしい!!


この神出さんがどんな自画像を描いたか、見たいと思いませんか?

ぜひ、河合塾美術研究所新宿校にお越しください!

さてそのレジェンドがなにを語ってくれるのか?

メッセージ、ドン!

―神出さんは、KJチャンピンシップに参加していかがでしたか?

僕は昨年、一昨年とKJに参加して、受験作品や制作に非常に影響がありました。

3日間という長い時間をかけての自由制作はこれが初めてで、自分の好きな表現をとことん研究しました。

これによって、その後の平面作品では、その表現を生かした絵で他の人と差をつけることができました。

そして、自分の好きな絵を描くことで、大学でどのような作品を作りたいかというヴィジョンが明快になり、より志望大学に入りたいという気持ちが強くなりました

―なるほど、自由制作をすることで、受験への取り組み方が変わったんですね! 他には?

最初はただ作品を展示して終わりかなと思っていたのですが、セッティングも自分たちですべてやるので大変でした。

どういうライティングをすれば作品がより生きるのかを考えることができ、とてもいい経験でした。

普段は見ることのできない友人の好きな表現で描いた作品は、興味深く、どれも圧巻で、より尊敬し合える仲になれると思います

―作品制作だけではなく、展示の仕方、それを通しての友情の深まり、うーん、冒険だ! 青春だ!

努力は報われる!

それをみごとに体現してくれたレジェンド、神出さん、ありがとうございました!

みなさんも、平成最後の夏、精一杯自分を燃え上がらせましょう!!

KJチャンピオンシップの伝説 ーレジェントたちのメッセージー

カテゴリ:

2018年 08月 21日 16:19


2018年の夏。

平成最後の夏。

夏といえば青春!
青春といえば冒険!!
冒険といえば伝説!!!

「アートとは、すなわち青春であり、冒険であり、伝説だ」(ある河合塾講師のことば)

今年夏も、新たな伝説が生まれる青春と冒険の祭典「KJチャンピオンシップ」が行われます。
(「KJチャンピオンシップ」の詳細につきましては、すでにブログに掲載されています。そち
らをごらんください!)


KJチャンピオンシップとはなにか・・・はさておき、
本日は、いきなり「KJチャンピオンシップの伝説」について。


青春 → 冒険 → 伝説 と来れば、頭のなかにぽわわんと浮かんでくるのは、まばゆいまでの輝きを放つ両手でも抱えきれない黄金宝玉の山(そしてその周囲に散乱する白骨)ではないでしょうか。
KJチャンピオンシップ、作り切った果てにそれがあるのか?

あるんです!じつは!

受賞すれば賞金が出ますよ!
各科賞、教務賞、オーディエンス賞などなど各種の賞がみなさんを待ち受けてます。(ガムが3個買えるくらいの値段〜牛肉が1キロ買えるくらいの札束まで、ランクによってさまざまですがね。)

しかし伝説というからには、そこでは終わりません。
まだまだ続きがあります。

ずばり言います。

「KJチャンピオンシップの伝説」とは!

グランプリ受賞者は!!

芸大合格!!!

まじか????

まじだ!!!!!

その証拠をご覧にいれましょう。

伝説を生み出したレジェンドからのメッセージがこちら↓


髙橋沙和です。
私は昨年KJに参加しましたが大学に入ってからKJでやったことが活かされる場面がいくつかありました。
特に役に立ったのが作品の魅せ方を考えるということです。
普段の受験課題だとただ並べて提出ですがKJの作品展示で照明や高さはどうするかなど作品を一番よく見せる方法を考えなきゃいけないということを学ぶことができました。
予備校では普段多専攻と関わることはあまりないのでオープニングイベントでみんなで企画を考え作品を作ることができたのがとても良い経験となりました。



髙橋さんは現在、東京芸大工芸科の1年生。
昨年(2017年)のKJチャンピオンシップでグランプリを受賞し、みごと、芸大合格を果たしました。
ありがとうございます!
おめでとうございます!!


ん? なんですって? たまたまじゃないかって?
んまあ、一度なら「KJチャンピオンシップグランプリ」と「芸大合格」の関連は偶然と言われても仕方がない。
なら、これでどうだ!


2016年のKJチャンピオンシップグランプリ受賞者、佐々木玲奈さんからのメッセージ↓


はじめまして、東京芸大彫刻2年の佐々木です。
私にとってKJは、普段の受験勉強とは違った視点で制作に取り組む事が出来る最高の機会でした!どうしたら自分の作りたいものをひとに伝えられるかを考えたり、普段だったら絶対に作ることのないサイズ感のものを目前にした時、効率の良い作業のスケジュールを考える必要があったのですが、そういったことをこなすことで、後の受験勉強にとても役に立ちました。
皆さんも是非このKJの時間を大切にして自分の作りたいものを作ってください!




素晴らしいメッセージ!
ありがとうございます!!
いい笑顔ですね!!!


2年連続で、グランプリ受賞者が東京芸大に受かっているということは、当然2度あることは3度ある、今年もまた新たな伝説が生まれるということですよ。

KJチャンピオンシップの作品制作でがんばることは受験に直結する!
受験だけじゃなく入学後も大いに役立つ!

だって、自分のしたいことを表現するために美大受験を選んだのだからね。
KJチャンピオンシップは、自分のやりたいことが出来る貴重な機会だからね。

もうやるしかないですね。

なによりも
あなたの青春のために!
あなたの冒険のために!
あなたの伝説のために!

この夏、
平成最後の夏、
あたな自身の未来のために、
あなたが望む作品を生み出そうとする姿は、
なによりも美しい。

がんばりましょう!!

伝説になれ!!